返済できなくなってしまう?サラ金での借入

返済できなくなってしまう?サラ金での借入

サラ金での借入は返済できなくなってしまい自己破産に陥ると言われています。しかし、本当にそうなのでしょうか?以前は、金利も高く、一社で限度額いっぱいまで借りてもうそれ以上借りられないという状態になれば、また別の業者に申し込みをして借入をすることがほとんどでした。

 

さらに返済できない状態になれば、違う業者で借りたお金を返済に充てるといったように、多重債務に陥るケースも少なくありませんでした。債務が債務を呼び返済できなくなってしまう、この状態を改善するために貸金業法が改正されたのです。

 

これによって、貸金業者からの借入は必ず年収の3分の1までにしないといけなくなりました。この法律は総量規制と呼ばれています。各貸金業者は共通で利用する信用情報機関に、利用者の申し込みの履歴や、貸付する額などを記録することが義務付けられています。以前のように「もうちょっと借りたいから別の貸金業者に申し込めば、また借りられる。」ということは絶対になくなっています。貸金業者はこの額を超えて貸し付けると違法となるのです。

 

もちろん総量規制によって借り過ぎや多重債務は防げるようになっていますが、利用者によって余裕をもって確実に返済できる額というのは違いがあります。どのような借入をする場合でも、返済計画をキチンと立て、利息額を把握しておきましょう。申し込み前に、業者のサイトなどから返済シミュレーションができるようになっている場合も多いのです。色々な数値を入れて確実に返済できる額を算出しておきましょう。